背景色

ネット試験

日商簿記初級

本級は、簿記の基本原理および企業の日常業務における実践的な簿記の知識の習得を目的とした、初学者を対象とした試験です。簿記は、企業活動や経営を理解するうえで、経理・会計担当者のみならず、業種・職種を問わず企業人すべてに必要とされる知識であり、より多くの方に習得していただくために本級を新設することになりました。

試験は、実施から採点、合否判定を、インターネット上で行うネット試験方式で実施します。企業・教育機関等において学習の進捗にあわせて活用いただけます(試験会場は商工会議所が認定/自宅での受験はできません)。

日商原価計算初級

本試験は、原価計算の基本原理および日常業務における実践的な知識の習得を目的とした、初学者を対象とするものです。生産性の向上が求められている昨今、原価計算は経理・会計担当者のみならず、業種・職種を問わず企業人すべてに理解・習得が期待されていることから、現行の簿記検定(初級~1級)に加えて新設することといたしました。

試験は、実施から採点、合否判定を、インターネット上で行うネット試験方式で実施します。企業・教育機関等において学習の進捗にあわせて活用いただけます(試験会場は商工会議所が認定/自宅での受験はできません)。

日商PC検定試験

昨今の企業実務では、パソコンソフトの操作ができるだけでなく、どのように活用すれば効率的・効果的に業務遂行できるかが重要になってきています。

①文書作成

本試験は、主としてMicrosoft Wordを活用し、正しいビジネス文書の作成や取扱いができるかどうかを問う試験です。

②データ活用

本試験は主としてMicrosoft Excelを活用し、表やグラフの作成、業務データの処理を行い的確なデータ分析や効果的な資料の作成等ができるかどうかを問う試験です。

③プレゼン資料作成

本試験は主としてMicrosoft PowerPointを活用し、企業においてパソコンソフトによるプレゼンテーション用資料の作成や、企画・提案書、会議資料等の作成が一般的となるなか、明快で説得力のあるプレゼン資料を作成できる実務能力の育成を図るものです。

電子会計実務検定試験

会計実務においては、パソコンソフト等の活用による電子会計が普及し、簿記の理論・知識をもとに、会計ソフトから得られる会計情報を分析・活用し、経営に役立て、これを実践できる人材の育成が急務となっています。

日商ビジネス英語検定試験

ビジネスの現場では、業種や企業規模に関わらず、国際化やIT化が進んでいます。本試験は、企業が日常的に使用する電子メールをはじめとするビジネス文書等を通じて英語によるコミュニケーション能力を判定する試験です。

キータッチ2000テスト

IT(情報技術)社会におけるコミュニケーションは、キーボード操作が基本となります。頭で考えたことや人から聞いたことを、キーボードを見ないで即座に入力できる、正確で速いタッチタイピングは、ビジネス実務における必須技能です。

ビジネスキーボード認定試験

ビジネス実務で要求される速くて正確なキーボードの操作技能を証明する試験です。基本的なタッチタイピング技能を認定する「キータッチ2000テスト」の中・上級レベルにあたります。

日商プログラミング検定試験

プログラミングを学ぶことは、社会人として必要な論理的思考力、問題解決力の向上につながります。本試験は情報技術の基盤となるプログラミングスキルを体系的に習得することができる試験です。

ネット試験は各認定会場校が施行します。試験日程は認定会場校に直接お問合せください。

会場名
※50音順
簿記初級原価計算初級日商PC電子会計実務ビジネス英語キータッチ2000ビジネスキーボード日商プログラミング
ISPアカデミー川越校
【川越市】
○(弥生会計)
ISPアカデミー若葉駅前校
【鶴ヶ島市】
○(弥生会計)
㈱アスクシステムASHOKA
【東松山市】
  ○(PCA会計) 
パソコンスクールフォーリーフ
【東松山市】
○(弥生会計)
ふじみ野パソコン教室
【ふじみ野市】
      

※日商PC 知識科目の免除制度について電子メール活用能力検定、EC実践能力検定、および一般財団法人職業教育・キャリア教育財団主催の情報検定(J検)の情報活用試験の各合格者に対して、日商PC検定(2級・3級)の「知識科目」の受験を免除し、「実技科目」のみで合否を判定する制度があります。

知識科目の免除制度の詳細については、以下URLをご参照ください。
 http://www.jcci.or.jp/jigyo/pckentei20160118.pdf